ツバサ・クロニクル読み終わった!


ツバサ~RESERVoir of Chronicle~やっと読み終わったぜ!

(読んでない人は飛ばしてね~。ネタバレ全快でいきま~す!)

 

なんか~、なんだ~?

結局苦労か~。あ、クロウか~。

世界の断りが壊れる→タイムパラドックスもパラドックスじゃなくなっちゃう→でも等価交換の法則は維持みたいなw 『対価を払え』

タイトルの、なにが「ツバサ」なんだよ!?って感じだったけど、最後の最後の最終巻の最終ページで種明かしかぁ゛~!ツバサって名前も偶然じゃなくて、必然なのね~。だってタイムパラドックス状態がおきてなかったらツバサって名前にしなかっただろうし。

Reservoir of Chronicleは記憶の羽のことだけじゃなくて、切り取られた時間のこととか、旅のお話のことだったりするのね~。

黒モコナの封印具の耳飾りはそのためだったのね~。

ってか、黒モコナの耳に付いてたはずの封印具がどうして白モコナのお口の中に?黒まんじゅうが転送させるために食べちゃったのか?ww

あれがある限りは、真名がツバサのサクラが居るクロウ国にも四月一日君尋が居る「店」にも次元移動ができるのね~。

で、結局四月一日君尋の真名はなんなの?xxxHOLiCに続く!か~!

どうしてxxxHOLiCにCCさくらの「星の杖」が宝物庫にあったのかていう種明かしもツバサクロニクルの最後に出てきたし!CCサクラの木之本桜の中学生姿か~!!!
やっぱり木之本桜もクロウリードの魔法をかなり受け継いでるし、李小狼もクロウリードの遠い血縁だし、やっぱツバサの世界の事も予知夢みたいなので知ったのかな~。
ツバサで 「別の世界のわたし達と逢ったの」って言ってるから李小狼にもあったのかな~。そこんとこケロちゃ~ん、チェ~ック・・・できませんww

ちなみに、丹下桜さんが先月Musse de Sakuraってアルバムを出して、その中にCatch You Catch Meのセルフカバーとプラチナのカバーが入ってて、声がなんかこのころのさくらみたい~!!(え?私だけですか?)

で、こんな壮絶なストーリーの主人公がCCさくらの桜と小狼ではありませんでした、って種明かしが最後にあってよかった~。別次元の別世界で彼らはうまくやってるのね~。
「杖はなくしてもカード達とは一緒にいられるから(中略)絶対だいじょうぶだよ」との事だから、ま、すでに全部のカードの主だし。ユエさんもケロちゃんもカードの守護者として居るし、魔力が強くなれば杖がなくても魔法ぐらい制御できるもんね~。なんたってクロウリードの魔力をほぼ全部受け継いだ上に、闇の力とは別に星の力までプラスされてるんだし~!

で、ツバサの世界で真名がツバサの小狼とファイ(こっちは真名がユイだっけ?)と黒鋼(おまえの真名はなんだぁ~!知世姫に主のみぞ知る真名にかけてとか言ってたし)と白モコナ(真名は、モコナ=ソエル=モドキ!)の偽名4人組・・・あ、違った、偽名3人と1モコナ組の旅は続く!!!・・・と。

でも封印具のおかげで四月一日にも会いに行けるそうだから、これでツバサクロニクルは最終回で完結したけど、まだ続いているxxxHOLiCにゲストとして再登場してくれる可能性もあり?だって四月一日君尋の君尋は君に会いに行くって意味なんだから、会いに行って真名を教えてあげなきゃじゃない?

同じ場所にとどまらない対価を支払ったツバサの小狼と同じ場所にとどまる対価を払った四月一日か~。対価を選ぶときにツバサの小狼を止めた四月一日かっこよかったな~。「対価は与えすぎても奪いすぎてもいけない 必要以上のものを渡した傷がつく 現世の躯に 星世の運に 天世の魂に」侑子さん(これまた偽名ジャン!ってか、雇い主の壱原侑子、真名はなんだぁ!)の「店」でバイトさせてたのはこの時に正しい対価を選べるようにってのも入ってたのかな?

転生した写身のサクラとシャオランが香港で出会うシーンが、レイアースの光と海ちゃん風ちゃんだ!wwモコナつながりだ~!あれ?でもとぼけた時の光が犬耳じゃないwww
これまたクロウつながりで香港なのね~。

 

 

 

 

 

 

 

以下、レイアース、CCさくら、ツバサ・クロニクル、xxxHOLiC、ソエルとラーグ モコナ=モドキの冒険 のネタバレ入ってます

 

 

 

 

で、結局はクロウなんだよ。

時系列に見るって言っても、「きみたちと僕が過ごした時間の流れが同じかどうかはわからないけど」(笑)だけど、クロウ・リードの時間を中心に考えてみよう!

 

参考文献(?)は:

 

魔法騎士レイアース
          1993~1996年講談社なかよし連載    1994~1995年読売テレビ放送 1997年OVA

カードキャプターさくら
         1996~2000年講談社なかよし連載     1998~2000年NHKBS2放送  1999年と2000年に映画

ツバサ~RESERVoir of Chronicle~
          2003~2009年講談社週刊少年マガジン連載 2005~2006年NHK教育放送 2005年映画、2007と2009にOVA

xxxHOLiC
         2003年~講談社週刊ヤングマガジン連載中 2005年に映画、2006と2008年にアニメ全37話、2009にOVA

ソエルとラーグ モコナ=モドキの冒険
         2004年講談社 絵本

 

 

まず、レイアースの物語が終わってからか、始まる前かに、レイアースに出てくる元祖 モコナ が 世界を渡っているところに侑子とクロウが出くわして、次元移動のことを知る。「ぷぅ」しかしゃべらないはずなのに、「モコナ」と名乗ったって事は、魔法で会話でもしたのかな?(→xxxHOLiCの侑子の発言とソエルとラーグ モコナ=モドキの冒険より)。

ソエルとラーグ モコナ=モドキの冒険ではまだケルベロスとユエがクロウと一緒に暮らしてて、レイアースのモコナを元に、白いモコナ=ソエル=モドキと黒いモコナ=ラーグ=モドキを作って、黒モコナに封印具、白モコナに魔法具の耳飾りを付けてあげる。つまり、耳の封印具の記憶はこの時から記憶を記録し始めて、魔法具は魔法を蓄え始めたのか?
ちなみに封印具にはSIGIL、LAG…?て刻まれてるんだけど。。。
とにかく、この時にはすでにツバサとHOLiCの未来を予知していて、対策を取り始めたみたい。

で、侑子が死んで、クロウの魔力が暴走して飛王リードが生まれて、侑子は被害を最小限に留めるために切り取られた時間に留まり、HOLiCとツバサの話が始まる日のために「店」を構えて、モコナ=モドキを隠して保管して、「店」の次元を維持するためにマルとモロを魔力でつくって、待つ。

世界がゆがみ始めたから、クロウ国のサクラ姫の周辺の歴史が変わり、別次元の歴史を変えてしまった責任を取るべくクロウがサクラ姫の父親代わりになるため次元移動する必要があった(→ツバサクロニクル最終巻より)。

だから、クロウカードと守護者ケルベロスとユエに新しい主を探すべく、ケルベロスとユエにクロウは死んだという記憶を与えて、カードと守護者を封印し、クロウリードの遠い血縁の李小狼が居るカードキャプターさくらの世界の友枝町にカードの本を木之本家に、最後の審判の時のための月の鈴を月峰神社に眠らせる。
クロウリードの血縁の李小狼がいるってことは、やっぱりクロウと侑子がいた世界はカードキャプターさくらのせかいなんじゃないだろうか?

クロウは単身、ツバサクロニクルのクロウ国の世界へ次元移動して、さくら姫を育てる。たぶんクロウリードはこのクロウ国の世界で死ぬ。
クロウリードが死んだあと、魂が2つに分かれ、半分の魂はカードキャプターさくらの世界の木之本藤隆として転生して、時間差で魂のもう半分と前世の記憶と魔力が柊沢エリオルに宿り転生する。そしてCCさくらのお話が始まって、ケルベロスの名前がケロちゃんになるw。だけど、クロウみたいに木之本桜の魔力も暴走してクロウのような不幸を繰り返さないように、クロウカードの闇の力以外にさくらカードの星の力も授ける。これでカードとユエとケロちゃんに対する責任を果たす。(→カードキャプターさくら11~12巻)

飛王リードが動き出すツバサクロニクルの話が始まり、シャオランが囚われ、写身の「シャオラン」も生まれ、さらに次元のゆがみを埋めるために別のシャオランとして四月一日君尋が生まれ、侑子が介入して四月一日君尋を保護して、xxxHOLiCが始まる。(→ツバサ27巻)

カードキャプターさくらのお話が終わってから3~6年後に友枝町で中学生になった木之本桜がツバサクロニクルの世界の予知夢を見る。CCさくらの次元の木之本桜が「夢」を渡りツバサの次元のサクラとシャオランたちに明るい未来を迎えてほしいと願い、対価として星の杖をあげる。(ツバサ最終巻)

CCさくらのさくらがくれた星の杖は、ツバサの世界の「サクラ」(写身)と「シャオラン」(写身)の息子の小狼(真名がツバサ)に未来を切り開いてもらうために、対価として次元の魔女(侑子)に星の杖を渡す

ツバサが最終巻になって、時間が動き出し、次元の魔女が死んで、ツバサ(小狼)と四月一日は対価を払い、ツバサクロニクルのお話は終わって、今度は四月一日の未来が変わり始めて、xxxHOLiC篭へとつづく・・・

こんなかんじ?

 

つまり・・・・・

1993年(レイアース連載開始)から2010年(xxxHOLiC篭)の今もなお続いている7年17年以上かけてる超ロング作品じゃないか~~~~~~!!!

ぜ~んぶ、クロウ・リードのせいですww

About these ads
カテゴリー: 未分類. 5 Comments »

コメント / トラックバック5件 to “ツバサ・クロニクル読み終わった!”

  1. 蜉蝣 Says:

    クロウ「それも私だ。」どうでもいいけど7年じゃなくて17年じゃね。それから若干遅いが誕生日オメ。

  2. clover Says:

    黒鋼の真名は知世姫が23巻でいっていますよ。
    確か鷹王です。

  3. kaede Says:

    黒鋼の真名は、鷹王(ヨウオウ)です!!

  4. 匿名 Says:

    見て納得しました!!!!


コメントをどうぞ Enter your comment here

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中